1. トップページ>
  2. ツーバイフォー高品質パネル

(1) CADデータ作成

  • CADデータ作成
  • プレカット対応CADでの図面データを作成していきます。
    後の工程全ての基本となりますのでとても大事な作業となります。

(2) プレカット

  • プレカット
  • 図面データを元に3次元の加工にも対応してカットできます。
    手加工に比べ、スピード、生産性、正確性に優れています。
    当社のメイン的な作業です。

(3) 組み立てフレーミング作業

  • 組み立てフレーミング作業
  • 専門の大工がパネルの釘打ちのルールなどを忠実に守りながら
    柱などを縫いつけ壁パネルが完成していきます。
    バランスのいい高品質の躯体を作成します。

(4) 合板を張り開口部合板自動くりぬき

  • 合板を張り開口部合板自動くりぬき
  • 前工程で仕上がったパネルに合板を合わせ全自動機械で開口を
    くり抜きしていきます。
    CADCAMデータでの精度の高い加工が出来ます。

(5) シージング作業(自動釘打ち)

  • シージング作業(自動釘打ち)
  • 次に合板に釘打ちを自動で行います。
    この作業もまたCADCAMデータでの釘打ちになりますので釘のピッチも正確で効率も大変良い物になります。

(6) パネル完成、ラックに入れて現場へ

  • パネル完成、ラックに入れて現場へ
  • 当社のパネル作成の工程作業は(1)~(6)のここまでになり、ここからは
    現場での工程になります。現場までの運搬も当社の工程になり現場と工場のつなぎ役になります。
    工場で作成したパネルをラックに入れ現場の進行に合わせ搬入します。

ページの先頭へ